HOME インフォメーション

電話0120-979-234平日9:00~18:00
HOME > メールマガジン

メールマガジン

2022年06月号

タイトル 『プレミアムサマー』がスタートしました

□■□ ----------------------------

 新日本税理士法人メールマガジン 
 - 令和4年6月15日発行 -
 https://shinnihontax.com/
 https://www.souzokuzei-soudan.jp/   
     
 --------------------------- □■□ 

<もくじ>
…………………………………………
池尾からのご挨拶
…………………………………………
【相続セミナー実施】浦安エデンの園様
…………………………………………
【相続対策大辞典】
 Vol.9 節税
『父母の遺産を子の配偶者が相続できる場合』
…………………………………………
 仕事道 千本ノック<ノック80本目> 
…………………………………………
【健康コラム】
『姿勢が変わると、人生が変わる』 
…………………………………………

皆さま、こんにちは。
今年ももう半分が過ぎようとしています。
先日、新年を迎えたときに立てた目標を
振返ってみました。できたこともあれば
全く着手していなかったこともあります。
目標を立てた時の気持ちを思い出して、
下半期も取り組んで参りたいと思います。

今月もどうぞ最後までお楽しみください。

■池尾からのご挨拶 
 
会計事務所業界では12月の年末調整に始まり、
12月決算法人の2月申告、3月は確定申告、
そして3月決算法人の5月申告までが繁盛期
となります。

ようやくのんびりできる6月から9月まで、
弊社は「プレミアムサマー期間」として
終業時刻を30分早くします(以前に話題に
なったプレミアムフライデーをもじって
プレミアムサマーとしたのですが、プレミ
アムフライデーはどこに行ってしまったの
でしょうか?)。

この期間は心身の疲れを癒すとともに、
読み貯めた書籍に目を通したり、勉強会を
開催したりと、インプットに努めたいと
思っています。
皆様におかれましては梅雨のジメジメした
天気が続きますが、くれぐれもご自愛下さ
いますようお願い申し上げます。

          代表社員 池尾彰彦


■【相続セミナー実施】浦安エデンの園様
『知って安心!聞いて安心!「相続の基礎知識」』

5月25日(水)新浦安にある浦安エデンの園様
にて、相続セミナー(館内チャンネル放送)
を開催させていただきました。

今回は新型コロナ対策として、対面形式では
なく館内チャンネルでの放送形式のセミナー
は弊社でも初めての実施です。

当日は設備の整ったホールにて、弊社代表の
池尾が講演する形で、ご入居様へ向けて相続
税の基礎知識を3つの視点からお話ししました。
放映後はご入居者様から「とても良かったです」
「相談したいです」等のお声もいただきました。
職員の皆様のご協力のもと無事に実施できま
した事に心より感謝申し上げます。


■【相続対策大辞典】

相続税の対策には、次にあげる3つの柱が
あります。
「節税対策」「納税資金の確保」そして
「争続防止」。
その対策の具体例を毎回ひとつずつご紹介
して参ります。

Vol.9 節税対策『父母の遺産を子の配偶者が相続できる場合』

相続人の範囲は法律により定められています。
子供の配偶者(嫁)が生前色々と面倒を
みてくれたので相続財産をあげたいと思っ
ていてもそのままでは子供の配偶者は相続
人に含まれていないため、財産を相続する
権利はありません。

このような場合には子供の配偶者(嫁)を
養子縁組にすることにより問題が解決します。
また基礎控除は「3000万円+600万円×法定
相続人の数」で計算しますから、子供の配偶
者(嫁)を養子縁組することにより基礎控除
が600万円増え、節税につながることにも
なります。

また、子供の配偶者(嫁)は、次の方法でも
財産を引き継ぐことができます。
ひとつ目は特別寄与料の支払いを請求する
方法です。
民法改正により「相続人以外の者の貢献を
考慮するための方策」の制度が新設されま
した(令和1年7月1日施行)。
この改正により、「嫁は義父の遺産を相続
できない」ことに変わりは無いものの、
子供の配偶者(嫁)が義父に対して無償で
介護などをしていた場合に、相続人に対し
特別寄与料の支払いを請求することができ
るようになりました。

ふたつ目は、義父が『遺言書』を作成し
子の配偶者への遺贈を記載することです。
遺言による贈与を受ける方法です。

いずれにせよ、今回のケースでは事前に
専門家へ相談するなどし、介護に尽くして
くれた子の配偶者等へ相続財産を渡す方法
について、早い時期から相続対策を行う
ことが大切です。
当社でも相続税の生前対策についてご相談
を承っております。
相談までの流れや業務内容については相続
税ホームページをご覧ください。

□ 新日本税理士法人 相続税ホームページ
https://souzokuzei-soudan.jp/


■仕事道 千本ノック

当社代表 池尾が日常の中での気づきを
綴って参ります。
意外と日常の何気ないシーンに、ビジネ
スでのヒントになるエッセンスが隠され
ているものです。
 
<ノック80本目>
「失礼しました」

某大手中古書籍店での会話

店員「袋にお入れしますか?」
私「結構です」
店員「失礼しました」

店員「ポイントカードはお持ちですか?」
私「持っていません、結構です」
店員「失礼しました」

「失礼しました」が接客マニュアルと
なっているのでしょうか。
全然失礼ではないのに。


https://shinnihontax.com/mailmagazine/?num=202200513
 
        ノック81本目へ続く。


■『姿勢が変わると、人生が変わる』

健康には正しい姿勢がとても大切なこと
をご存知ですか?
不調の原因は、もしかしたらあなたの
姿勢が原因かもしれません。

「歩くのが遅い人は立ち方に問題あり」

人より歩くのが遅かったり、小股でせか
せかと歩いている人も、悪い姿勢のために、
足が正しく使えていない状態です。
歩き方を直す前に、正しい立ち方を確認
しましょう。
まずは立ったときの姿勢を見直し、次に
本誌P153で紹介している歩き方を身に
つけてください。

※正しい歩き方P153(テキストのみ)
P96と同じ姿勢で立ち、体をわずかに前に
傾けてみよう。足が自然と前に出るはず。
傾ける角度は5度程度で十分。うまくいか
ない人は壁の前に立ち、前傾の練習を。
体を手で支えられるので、安心なうえ、
重力で倒れる感覚がつかみやすい。
<ポイント>
・背伸びの意識はキープしたまま
・腰が曲がって、上体だけ傾かないよう
 に注意!
・傾いた体を支えるために、足が出る

※P96の姿勢
大きく伸びをして腕を下ろす。
たったそれだけで、本来あるべき体の
ポジションをとれます。
<ポイント>
・足は肩幅に開き、両足はまっすぐに
 並行にして立つ
・おなか周りが引きしまっている
・親指、小指、かかとの3点に重心が
 かかっている

詳細な内容をお知りになりたい方は、是非
本誌をご購入の上実践なさってください。

-----

書籍は以下アマゾンサイトよりお求めいただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/480140068X/ref=rdr_ext_tmb
 
◆姿勢チェックテスト内容は以下URLよりご覧下さい
https://shinnihontax.com/mailmagazine/?num=20181214
 
◇監修 仲野整體
『一生「疲れない」姿勢のつくり方』
 創業大正15年
 東京青山 仲野整體(NAKANO SEITAI)
 ホームページ http://senakano.jp/

『調子いい!がずっとつづく カラダの使い方』
 アマゾンサイトよりお求めいただけます。
 https://www.amazon.co.jp/dp/480140068X/ref=rdr_ext_tmb

------------------------

Zoomを使用したオンラインでのご相談も実施中。
私たちは不動産の税務、相続に強い税理士法人です。
  
■新日本税理士法人ホームページ
  https://shinnihontax.com/
□相続税専門サイト
  https://www.souzokuzei-soudan.jp/
 

□■━━━━━━━━━━━━━━
 新日本税理士法人 
 メールマガジン発行部

 毎月15日発行
 メール   info@shinnihontax.com
 webサイト https://shinnihontax.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━■□

メールマガジン配信登録

毎月一回(15日)、経営に役立つ情報や旬な話題をメールマガジン配信しています。登録は簡単、ぜひご登録下さい。

≫登録フォーム

QR コード

バックナンバー

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

新日本税理士法人

浦安オフィス
279-0012 千葉県浦安市入船1丁目5番2号
プライムタワー新浦安5F

TEL:047-382-3553 FAX:047-382-3555
日本橋オフィス(不動産専門)
103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1
日本橋三井タワー6階

TEL:0120-979-234 FAX:03-6734-0530

サイトマップ リンク 採用情報 プライバシーポリシー 特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針 メールマガジン

©Copyright 2014 新日本税理士法人 All Rights Reserved.

PAGE TOP