HOME インフォメーション

電話0120-979-234通話料無料平日9:00~18:00
HOME > メールマガジン

メールマガジン

2021年06月号

タイトル 繁盛期を終えて

□■□ ----------------------------

 新日本税理士法人メールマガジン 
 - 令和3年6月15日発行 -
 https://shinnihontax.com/
 https://www.souzokuzei-soudan.jp/   
     
 --------------------------- □■□ 

<もくじ>
…………………………………………
池尾からのご挨拶
…………………………………………
【お知らせ】
 Zoom相談「好評」実施中
…………………………………………
【税務コラム】
【相続税】新型コロナによる
 期限延長の手続き方法が変わりました
…………………………………………
 仕事道 千本ノック<ノック68本目> 
…………………………………………
【健康コラム】
『姿勢が変わると、人生が変わる』 
…………………………………………

皆さま、こんにちは。

コロナ禍で未だ制限ある日々の中、
おいしい物のテイクアウトがマイ
ブームに。
案の定、この一年で数キロ太って
しまいました。
今月からは一転、アプリに指導され
ながらダイエットに励んでいます。

それでは今月も最後までお楽しみ下さい。

■池尾からのご挨拶 

私の周りにもワクチンの接種を終えた人が
ちらほら出てきました。
多くの人がワクチン接種を終え、コロナが
収束する日を心待ちにしている方も多い
ことでしょう。

さて、私たち会計事務所業界では12月の
年末調整から始まり、2月、3月の確定
申告、3月決算を5月末期限の申告業務
と約半年繁盛期が続きます。

今年もようやく6月になり、ほっと一息
ついているところです。
これまでためておいた書籍を読んでいこ
うと思います。
これから梅雨空の日が続きます。
皆様におかれましては体調を崩されぬよう
ご自愛くださいませ。

        代表社員 池尾彰彦

 
■【お知らせ】Zoom相談「好評」実施中

私どもはZoomを使用したオンラインでの
ご相談やミーティングに対応しております。
ご来社・オンラインどちらにも対応でき
ますのでどうぞご利用下さい。


■【税務コラム】
 【相続税】新型コロナによる
期限延長の手続き方法が変わりました

相続税の申告期限は、「相続の開始を
知った日の翌日から10か月以内」です。
しかし昨今の新型ウイルス感染症蔓延
を考慮し、現在は相続税申告期限の
延長が認められています。
4月15日までは、簡易な方法で延長が
認められていました。
令和3年4月16日以降に期限延長を行う
場合には、以下書類の作成と提出が
必要となります。

◇書類名
「災害による申告、納付等の期限延長申請書」

・申請書:https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/kosei/annai/pdf/2834.pdf
・申請手続の仕方:https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/kosei/annai/2834.htm
 出:国税庁ホームぺージ

なお、この申請手続により無条件に
期限延長が承認されるという訳では
ありません。
申告期限に間に合わない「やむを得
ない理由」があった場合に認められます。

例えば、「新型コロナに感染した、
あるいは感染の可能性がある事実」や
「外出自粛要請を受けている」等、
外出自粛要因となる客観的事実があり、
期限に間に合わない場合はこの申請
を提出しましょう(コロナに関係なく
仕事や家事が忙しかったから、という
場合には期限延長は認められません)。

また、相続税申告期限の延長を行う
場合には次の2点にご注意下さい。
1.申請が必要な「相続人全員」について
作成、提出必要です。
相続人が複数人いる場合、この申請は
相続人ごとに理由が判定されるため、
1人がこの申請書を提出しても
その他の相続人には期限延長が認め
られません。
新型コロナの影響により期限延長を
申請する全員分について、申請書を
提出しましょう。

2.期限延長した場合の相続税納付期限
相続税申告書の提出日=相続税納付
期限日となります。
申告書提出日の前に全員が納税を済
ませ、その後申告書を提出するのが
良いでしょう。
※申告書提出後に納税を行うと、
延滞税がかかります。

この他にも、小規模宅地等の減額特例
を適用する場合の継続用件に「申告期限」
が含まれるように、期限延長により申告
内容に影響があるケースも考えられます。
不安な方は相続税に強い税理士や所轄
の税務署に確認することをお勧めします。

コロナ禍により、相続人が集まって
遺産分割協議を行ったり資料を集めたり
することが難しい事もおありでしょう。
オンライン面談等を活用し、外出を最小
に抑え、相続税申告まで完了させる
お客様もいらっしゃいます。

浦安で相続税23年目の当事務所でも、
zoom等のオンライン面談を実施し、
ご来社の難しいお客様にも安心して
お任せいただける体制を整えています。
ご相談はご予約制で承っております。
以下ホームページをご覧下さい。
https://souzokuzei-soudan.jp/flow/
        
             小林 晃代


■仕事道 千本ノック

当社代表 池尾が日常の中での気づきを
綴って参ります。
意外と日常の何気ないシーンに、ビジネ
スでのヒントになるエッセンスが隠され
ているものです。
 
<ノック68本目>
「一人前」と「一流」の違い

一人前とは相手の期待に応える成果を出し、
満足を与えられる人です。

一流とは相手の期待を超えた成果を出し、
感動を与えられる人です。

https://shinnihontax.com/mailmagazine/?num=20210515
 
        ノック69本目へ続く。


■『姿勢が変わると、人生が変わる』

健康には正しい姿勢がとても大切なこと
をご存知ですか?
不調の原因は、もしかしたらあなたの
姿勢が原因かもしれません。

「オフィス&自宅の環境づくりで
一生リバウンド知らず!」
<正しい座り方、立ち方で、疲れない姿勢づくり>

正しい姿勢をとることは、現在ある
さまざまな不調を改善し、老いなどの
将来の体の変化のスピードをゆるめます。

姿勢によってあなたの体を変えること
ができます。
それは、あなたの未来を変えること
でもあるのです。

とはいえ、正しい姿勢のとり方、また
それを続けることに、むずかしさを感
じているかたは大勢いるのではないで
しょうか。

必要なのは、イスに座る瞬間の意識と、
立つ瞬間の意識。
そして、正しい姿勢でもラクに過ごせ
る環境づくり。
この3つだけなのです。

今回からは、正しい座り方、立ち方の
ときに、体はどんな状態なのかを解説
します。

そして、リバウンドしないためにみな
さんが継続できる疲れない姿勢づくり
を詳しく紹介していきます。


書籍は以下アマゾンサイトよりお求めいただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/480140068X/ref=rdr_ext_tmb
 
◆姿勢チェックテスト内容は以下URLよりご覧下さい
https://shinnihontax.com/mailmagazine/?num=20181214
 
◇監修 仲野整體
『一生「疲れない」姿勢のつくり方』
 創業大正15年
 東京青山 仲野整體(NAKANO SEITAI)
 ホームページ http://senakano.jp/

『調子いい!がずっとつづく カラダの使い方』
 アマゾンサイトよりお求めいただけます。
 https://www.amazon.co.jp/dp/480140068X/ref=rdr_ext_tmb

------------------------
 
私たちは不動産の税務、相続に強い税理士法人です。
  
■新日本税理士法人ホームページ
  https://shinnihontax.com/
□相続税専門サイト
  https://www.souzokuzei-soudan.jp/
 

□■━━━━━━━━━━━━━━
 新日本税理士法人 
 メールマガジン発行部

 毎月15日発行
 メール   info@shinnihontax.com
 webサイト https://shinnihontax.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━■□

メールマガジン配信登録

毎月一回(15日)、経営に役立つ情報や旬な話題をメールマガジン配信しています。登録は簡単、ぜひご登録下さい。

メールアドレス (必須)

バックナンバー

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

新日本税理士法人

浦安オフィス
279-0012 千葉県浦安市入船1丁目5番2号
プライムタワー新浦安5F

TEL:0120-979-234 FAX:047-382-3555
日本橋オフィス(不動産専門)
103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1
日本橋三井タワー6階

TEL:0120-979-234 FAX:03-6734-0530

サイトマップ リンク 採用情報 プライバシーポリシー 特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針 メールマガジン

©Copyright 2014 新日本税理士法人 All Rights Reserved.

PAGE TOP