HOME インフォメーション

電話0120-979-234通話料無料平日9:00~18:00
HOME > メールマガジン

メールマガジン

2017年04月号

タイトル 確定申告を終えて 新たなシーズンのスタートです

□■□ -----------------------------------

        新日本税理士法人メールマガジン 
     - 平成29年4月14日発行 -
          https://shinnihontax.com/  
     
 ----------------------------------- □■□ 

 <もくじ>

 ………………………………………………………………………
  * 池尾からのご挨拶
 ………………………………………………………………………
  * 税金トピックス
    【注目】企業版ふるさと納税とは
 ………………………………………………………………………
  * 仕事道 千本ノック<ノック18本目> 
 ………………………………………………………………………
  * 健康ひとくちコラム 呼吸を意識してみましょう
 ………………………………………………………………………

 
 新年度を迎え、街の中が桜色に染まった4月前半、日本の良さを改めて感じて
 おりました。
 この時期、人生の新しいステージを迎えられた方も多いのではないでしょうか。
 環境が変わると、知らず知らずに体調にも影響が出て参ります。
 無理せず休息をとることもお忘れなく。
 
 それでは、今月もどうぞ最後までお楽しみ下さい!


 ■□■ 池尾からのご挨拶 ■□■

 桜の季節もアッと過ぎ去り、暖かな毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
 私どもは確定申告も無事に終わり、ほっとしております。

 今年も多くの方との新しいご縁を頂きました。
 昔からのご縁、新しいご縁、ともにスタッフ一同大切にさせて頂き、お客様の
 お役に立てるようこれからも精進してまいります。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

                         代表社員 池尾彰彦


 ■□■ 税金トピックス ■□■

【注目】企業版ふるさと納税とは

 地方自治体に寄付をすると税金の控除が受けられ、地域の特産品などももらえる 
 とあって大人気の制度であるふるさと納税です。
 これまで個人が主な対象で したが、利用対象が企業にも拡大されているのをご
 存知でしょうか。

 今回は企業版ふるさと納税をご紹介させいていただきます。
 正式な名称は、『地方創生応援税制』といい、地方創生、人口減少克服といった 
 国家的課題に対応するため、地方公共団体が行う一定の地方創生事業に対して企 
 業が寄付を行うことにより、寄付額の約3割が税額控除される仕組みです。
 
 地方創生を活性化するという狙い自体は、これまでの個人でのふるさと納税と同 
 じで、対象を法人に拡大したということです。
 企業の自治体への寄付は損金算入という形で、これまでも寄付額の約3割に相当 
 する額の税負担が軽減されていましたが、今回の企業版ふるさと納税では、新た 
 に寄付額の3割が税額控除となるので、実質負担額は寄付額の約4割となります。
 例えば、100万円を寄付したとすると40万円のキャッシュアウトということです。

 ポイントを整理すると以下の通りです。
 □社会貢献(CSR)活動への取り組み
 4割の負担で企業イメージアップ、社会貢献活動に取り組めます。
 企業の新たな取り組みとしてチャレンジするチャンスになります。

 □謝礼品
 個人のふるさと納税と違い、基本的に謝礼品はありません。
 寄付した企業に対して入札などで便宜を図ることなどが懸念されるためです。
 ただし、寄付した企業の社員に公共施設の優待券を発行する程度のお礼は認めら 
 れるようです。
 これを機会にCSR活動への取り組みにチャレンジしてみませんか。
 
                 (新日本税理士法人 税理士 松田匡司)


 ■□■ 仕事道 千本ノック ■□■

 当社代表 池尾が日常の中での気づきを綴って参ります。
 意外と日常の何気ないシーンに、ビジネスでのヒントになるエッセンス
 が隠されているものです。
 
 <ノック18本目> 「言い訳」

 よく言い訳を言う人が時々います。
 言い訳を言う人の心情はおそらく「許しを乞う」というものがあるのでしょうが、
 これは幻想です。

 言い訳を聞いている立場の人にとっては、決して心地いいものではありませんし、
 それどころか言い訳を聞くことによってその人の評価を下げてしまいます。

                          ノック19本目へ続く。


 ■□■ 健康ひとくちコラム ■□■

 呼吸を意識してみましょう

 先日、石垣島へ旅行に行きました。
 いつもは気づかない自然の音、香り、風、空の広さに五感がほぐれて呼吸も
 深くゆったりとしていることに気づきました。

 自宅(関東)に帰ると、無意識のうちに浅く早い呼吸に戻ってしまいました。
 意識を向ければ、鳥のさえずりや葉の揺れる音など、都会にも自然はあります。
 私が意識していなかっただけなのだと気づきました。

 不思議なもので、自然のリズムに委ねてゆっくりと深く呼吸をすると、頭が
 クリアになり心身の「力み(りきみ)」が消えていくようです。
 呼吸によって新鮮な酸素が身体のすみずみにいきわたるのですから、なるほど
 と思いました。

 日頃から呼吸を意識してみましょう。何か変化を感じるかもしれません。


 ------------------------
 
 私たちは不動産の税務、相続に強い税理士法人です。
  
 ■新日本税理士法人ホームページ https://shinnihontax.com/
 □相続税専門サイト http://www.souzokuzei-soudan.jp/

 
 □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   新日本税理士法人 メールマガジン発行部

   毎月15日発行
   メール   info@shinnihontax.com
   webサイト https://shinnihontax.com/ 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

メールマガジン配信登録

毎月一回(15日)、経営に役立つ情報や旬な話題をメールマガジン配信しています。登録は簡単、ぜひご登録下さい。

メールアドレス (必須)

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

新日本税理士法人

浦安オフィス
279-0012 千葉県浦安市入船1丁目5番2号
プライムタワー新浦安5F

TEL:0120-979-234 FAX:047-382-3555
日本橋オフィス(不動産専門)
103-0027 東京都中央区日本橋1-2-10
東洋ビルディング4F

TEL:0120-979-234 FAX:03-6262-0798

サイトマップ リンク 採用情報 プライバシーポリシー 特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針 メールマガジン

©Copyright 2014 新日本税理士法人 All Rights Reserved.

PAGE TOP