HOME インフォメーション

電話0120-979-234通話料無料平日9:00~18:00
HOME > メールマガジン

メールマガジン

2014年11月号

 ****** 新日本税理士法人メールマガジン ******
      - 平成26年11月14日発行 -
               円安株高の行方     
  ***************************************** 

 ----- もくじ -----

  * 池尾からのご挨拶  
  * 福森が語る~アジアの現場から~  
  * 健康ひとくちコラム 


  ■□■ 池尾からのご挨拶 ■□■

 今年も残すところあと47日・・・ここに来て円安は進み、株価は上がるという
 ニュースが毎日報道されています。
 来年はますます企業間格差が広がるとの予測があります。
 生き残っていくためには、何もかも政府に頼るばかりではなく自助努力が必要
 不可欠です。
 来年も頑張っている経営者のお役にたてるよう、スタッフ一同精いっぱい努力
 する所存です。よろしくお願い申し上げます。

                           代表社員 池尾彰彦


  ■□■ 福森が語る~アジアの現場から~ ■□■
 
  Vol.6 ベトナムの真実(6) ミャンマーの真実(前)

 民主化改革の推進と共に、“最後のフロンティア”の呼び声が高いミャンマー。
 今回と次回は、番外編としてミャンマーについて少しだけ書かせてください。
 ミャンマー最大の都市にして、旧首都ヤンゴン。空港に着くと、近代的でフレ
 ンドリーな入管スペースに驚かされます(ベトナムだと日本のODAでできている
 のですが、ここでは中国が援助)。写真を撮ると、「駄目です」と言いながら
 も優しく空いている窓口に誘導してくれる女性係官!軍事政権、弾圧、経済制
 裁という“言葉のイメージ”で緊張している心が一気にほぐれます。

 タクシーはボロボロの中古車。ベトナムとは違ってバイクよりも車が多く、日
 本からの中古車が沢山走っています。でも、中古度合が半端ではなく、窓も開
 閉できない/クーラーは効かない/メーターはついているけど動かない(料金
 は全て事前“確認”。“交渉”がほとんど必要ないところがベトナムとは大違
 い!!!)/クッションは硬く、痛い。町も暗く、乗ったことのない中古車でちょ
 っとテンションが下がります。

 旧英国領だったミャンマーの町の雰囲気は、シンガポールに似ているように感
 じます。旧仏領のベトナムとの違いは明確で、日本では感じられない植民地の
 歴史・宗主国の影響をひしひしと感じます。建物はどれも中古車同様に“古く”、
 100年以上昔の建物を使い続けています。良く言えば歴史を感じる/率直に言え
 ばボロボロの建物に、警察署も消防署も、住居も、お店も、オフィスも同居し
 ている感じです。本当に由緒正しくて壊せない建物も点在しているようですし、
 多くの古い建物を解体して建て直すのはかなり厄介そうです。周辺エリアには
 開発可能な空き地もあるのですが、全て政商や政商と組んだ華僑が抑えていて、
 価格的にも利権的にもやっかいな問題が多そうでした。

 町を散策すると、インド系の顔立ちの人が印象に残り、英領時代にインド人を
 介して支配されていた影響を強く感じます。135の少数民族もヤンゴンには入っ
 てきているので、本当に多様な人々がおり、改めて“ミャンマー人って?”と
 町を歩くだけで考えさせられます。「日本って本当に特殊な国なんだな」とも。
 これだけインド系の顔立ちの人が多いと、印僑の影響が大きいのかと思ったの
 ですが、経済的には断トツに華僑の影響下にある状態です。中国とインドには
 さまれたミャンマーですが、旧軍事政権の幹部+政商(昔の日本にもいましたが)
 +中国&華僑のトライアングルが経済を牛耳っており、民主化・開放路線と言っ
 ても一筋縄ではいかないようです。


  ※コラムはリンクグローバルソリューション「ベトナムの真実」より転載 


  ■□■ 健康ひとくちコラム ■□■

 またまた生姜の出番です 

 朝晩めっきりと寒くなって参りました。
 身体の冷えが気になる方はいませんか?
 紅茶にすりおろし生姜を加えたり、生姜パウダーを使ったりして
 簡単・美味しく冷え対策はいかがでしょう。
 風邪の予防には、手洗い・うがいもお忘れなく!

 ------------------------
 
  私たちは不動産の税務、相続に強い税理士法人です。
   
  ■新日本税理士法人ホームページ http://shinnihontax.com/
  □相続税専門サイト http://www.souzokuzei-soudan.jp/
 

 

メールマガジン配信登録

毎月一回(15日)、経営に役立つ情報や旬な話題をメールマガジン配信しています。登録は簡単、ぜひご登録下さい。

メールアドレス (必須)

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

新日本税理士法人

浦安オフィス
279-0012 千葉県浦安市入船1丁目5番2号
プライムタワー新浦安5F

TEL:0120-979-234 FAX:047-382-3555
日本橋オフィス(不動産専門)
103-0027 東京都中央区日本橋1-2-10
東洋ビルディング4F

TEL:0120-979-234 FAX:03-6262-0798

サイトマップ リンク 採用情報 プライバシーポリシー 特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針 メールマガジン

©Copyright 2014 新日本税理士法人 All Rights Reserved.

PAGE TOP